21世紀のハイテクメジャー。あらゆる空間をレーザーで簡単測定「VH-80」

13,900円

※送料無料

発送予定日:ご注文確認後5日以内に発送

土日祝を除く

各販売者への問い合わせ方法は こちら
商品について問い合わせる

商品の説明

新世代 両端レーザー距離計「VH-80」を紹介します。

「VH-80」は、両端に装着された2つのレーザーモジュールからpulse波を照射し、反射したpulse波を受光するまでの時間を計測し距離を算出します。レーザーは直進性を持っているため、「VH-80」は高い正確性で距離を測定することができます。

ひと昔前までは、手や足を使って距離を測定していました。知識と技術が発展することで「尺」という概念が生まれ、現代では、レーザー距離計で距離を測定することができるようになりました。このように、測定器具は多くの変化を遂げてきました。

しかし、それでも変わっていないもの。それは、自身が距離測定の中心になれないという点です。 これまで、距離測定のために測定器を持ち場所を移動することを当然のこと、つまり距離測定の常識だと考えてきました。

「VH-80」はその弱点に着目し、解消しました。複雑な作業空間や人の手を借りなければならないときなど、距離測定をする全ての状況で、「VH-80」は、面倒で煩わしい手間を解消します。

2つのレーザーダイオードを通して、「VH-80」は、一度で3つの値を得ることができます。: 左、右、そして合計値

「VH-80」は、最大80mまで測定が可能です。

すなわち、サッカーコートの大きさを、一歩も歩くことなく測定することができるのです。

巻き尺で、サッカーコートの長さを測る様子を想像してみてください。「VH-80」はたった1秒で測定できます。

既存の測定方式である巻き尺や一方向のみのレーザー距離計を持って動く必要がないので、作業時間を短縮することが可能なのです。

このように、作業位置が自由であるということは安全性と移動性が優れているということです。膝をついたり脚立を使う必要がないため、一方向のみの測定方式と違って、自身のエネルギーをも節約してくれるということが分かります。

「VH-80」は、測定時の立ったり座ったり、行ったり来たりする状況で真価を発揮します。私たちは、不便だという理由で距離測定をはばかっている人たちに活気を吹き込みたいと考えています。まさに、「VH-80」のことでしょう。「VH-80」が、あなたの人生に小さな変化をもたらしてくれるだろうと私たちは確信しています。

つまり、「VH-80」は、作業の3大要素である「時間」と「資源」を削減することができます。

「VH-80」は、レーザー距離計として多様な役割を果たしてくれます。それだけでなく、業務の拡張のため、スマートフォン専用アプリケーションで作業を極大化することができます。

両端からのレーザー照射が特長の「VH-80」ですが、両方向の測定だけでなく、片方のみの測定も可能です。両方向の測定で初期設定がされていますが、簡単に測定モードの切り替えができ、左方向もしくは右方向での測定が設定できます。

「VH-80」は、連続測定機能で距離をリアルタイムで測定し、2つの対象物の中心を探したり、一定の間隔で物を配置するときに使用できます。

一度の測定で2つの値を得ることができ、「VH-80」は速く、空間の面積を計測します。一度の動作で必要な値を得ることができるため、「VH-80」は、作業を最小化し、業務の効率化に役立ちます。

「VH-80」は、三度の継続的な測定によって、空間の体積を測定することができます。面積測定モードのように、簡単な方法で体積を測定することができます。

ピタゴラスモードによって、三角形の底辺と斜辺の長さを測定し、高さを測定することができます。このモードは、高い建物の高さを測定しなければならないときに使用できます。

一般的に、私たちの作業は一度の測定で終わりません。「VH-80」は、内蔵メモリで9つのデータを記録、保存することができます。しかし時は2017年!それ以上のデータを保存できるスマートフォン専用アプリケーションを用意しました。スマートフォンとBluetooth4.0通信で「VH-80」と、情報・データをリアルタイムでやり取りできます。また、スマートフォン内蔵メモリを活用できるため、無限にデータを保存することが可能です。

これからは、「VH-80」アプリケーションのさらに画期的な部分を紹介します。測定したデータとアプリケーションを通して、撮った写真を活用しながら建設的な場面でも役立てることができます。

まず、スマートフォンで写真を撮ると、その写真に線を描きグリッドを作ることができます。そして、記録されているデータをそのグリッド上に載せると、測定した空間の図面が完成します。

このアプリケーションの目的は、「距離測定」をさらに価値のあるものとし、そのデータを効果的に活用することです。複数回の測定はデータ混同のリスクを高め、また、ノートに筆記でデータを記録することは、業務効率低下の要因となります。それらを取り除くこと、それが「VH-80」とスマートフォン専用アプリケーションが存在する理由なのです。測定し、データを送る。たった、それだけです。

レーザー距離測定の正確性は、±3mmであり、2等級レーザーダイオードを使用しています。片側40mまでの測定が可能なため、両方向の測定時、最大80mまで測定することができます。製品の重量はたった150gであり、便利に携帯できるようにストラップ取り付け部を作りました。鮮明なバックライト付きディスプレイインターフェースは、暗い場所にいても便利に製品を使用できるように装着されています。

「VH-80」は、2つのAAAバッテリーで動作します。開発段階では、充電が可能なリチウムイオンバッテリーを考案しましたが、2つの要因のためAAAバッテリーを選定しました。1つ目の要因は、リチウムイオンバッテリーの大きさのため、デザイン的感覚が落ちてしまうと判断したためです。そして2つ目、「VH-80」の主な使用環境の大部分が野外や工事現場のため、充電器を差すことができる場所がないためです。また、バッテリーが減ってしまったとき製品を使用する人たちは、充電器を指すことによって時間を浪費しなければなりませんでした。よって最も簡単で便利なバッテリーは充電ではなく交換だと考え、AAAバッテリーを使用しました。

「VH-80」は、低電力Bluetooth 4.0モジュールが装着されています。スマートフォンと常に連動することに備え、電力消耗が小さいモジュールで製品を開発し、安定的な通信を維持しています。よって、スマートフォンとリアルタイムで情報をやり取りしてもバッテリーの消耗量は大きくありません。

商品の仕様

【本体サイズ】126×44×25(mm)
【重さ】88g
【レーザークラス】クラス2 
【測定距離】0.05m~80m
【誤差範囲】±3mm
【Bluetooth対応】Bluetooth 4.0BLE
【測定時間】0.3~3秒
【電池】2x1.2VLR03(AAA) / 約2,000回測定可能
【動作温度】0°C~40°C
【保管温度】-20°C~60°C
三脚使用可能

販売者

シェア

関連商品