欲しいものがわからないけど、 お買いものは楽しみたい……
そんな気持ちにMakuake STOREが応えます。

ジャンルに精通した究め人がテーマごとに最新トレンドやムードを解説。

そのお話をもとにMakuake STORE内で 実際に買えるオススメのアイテムを ご紹介するので、今の自分の気分に ピッタリ合っていて、しかもトレンドをおさえたアイテムに出会えるはず。

いつものオンラインショッピングよりも、ずっと楽しいお買いもの、体験してみて。
滝田 勝紀
Masaki Takita

家電スペシャリスト。
MZ世代のライフスタイルWeb「Beyond magazine」のプロデューサー。出版社で生活家電の編集担当になったのを機にこの道へ。モノづくりの企画段階から、実際の使用感やスペックはもちろん、実際に使われるシーンや空間を想定したデザイン性能まで、家電のすべてを知っている人。

滝田 勝紀
Masaki Takita

家電スペシャリスト。
MZ世代のライフスタイルWeb「Beyond magazine」のプロデューサー。出版社で生活家電の編集担当になったのを機にこの道へ。モノづくりの企画段階から、実際の使用感やスペックはもちろん、実際に使われるシーンや空間を想定したデザイン性能まで、家電のすべてを知っている人。

コロナ禍が働き方にもたらした影響は計りしれません。
ごく限られた人が行なっていたテレワークが珍しい働き方ではなくなり、当たり前のように行なっていた通勤や出社がなくなったりもしくは減ったりして、気がつけば家が職場の役割も果たすようになったという人は少なくないのではないでしょうか。
出社していたころは、備え付けのデスクに椅子、貸与されたデスクトップと事務用品で作業するのが当たり前。
それが今は自分自身で自宅のワークスペースを充実させる必要が生まれているという状況です。
家での仕事効率化を図るとしたら、テレワーク生活でまず考えるべきはモニターですね。
大事な効率化の観点はモニターの数を増やすこと。
これがまさに今のムードで、長時間に渡るPC作業の効率化を一気に上げる鍵です。
一つでエクセルを開いてもう一つで参照元の数字を見るなどのパラレル作業はモニターひとつでの作業効率をはるかに上回ります。

さらに、TikTokやYouTube全盛の今、そういった作業をする方には縦型にできるモニターもおすすめです。
携帯画面仕様で画面を眺められるので携帯版の視野性を確保することで作業効率は爆上がりします。

仕事では会議やプレゼンなどでも活躍し、息抜きのTV・映画鑑賞やゲームでも使えるという利点を考えるなら、プロジェクターの導入もおすすめです。
じつは視覚以上にこのリモート生活で大事なのが音声情報です。
ともすると画質や背景などに気を配りがちですが、会議や打ち合わせなどで一番集中力を左右するのはじつは音声の環境。
不要な情報が聞こえたり、音声が途中で聞こえづらくなったりすると、集中力が途切れるだけでなく、想像を超えるストレスや疲労が脳や心に加わることがわかっています。

ストレスフリーなリモートワークは耳から環境を整えることに解決の糸口があるでしょう。
マイクやイヤホンのノイズレス機能が充実したものを使うなどは大いにお勧めしたいですね。
そういえば、ストレスの話でいうと通勤もなくなってまったく歩かなくなり、その運動不足がじつは仕事の効率を下げているという話もあります。
通勤時間がなくなったのはいいけれど、かといってその代わりに軽い運動をする時間をとるのは面倒なもの。

そこで現れた今のムードは椅子をフィットネスバイクに!です。以前に流行った「椅子をバランスボールにする」というのが進化した形ともいえます。
仕事時間を削らずに運動を求めている人にフィットして大人気です。
乗ったままミーティングは難しいかもしれませんが、資料を読んだりするのにはぴったりです。

この流れでもう一つ顕著なのがソロキャン。コロナ禍において、キャンプ場としてもグループの人数を制限して営業せざるをえない状況が続いた。

だからソロキャンとか少人数のキャンプが定番化したのもこのごろの特徴といえるかと。


最後にこれは絶対に忘れちゃいけないと僕が思うポイントは、お仕事ライフランの電源を確保することですね。
リモートワークは家だけで行うものではないもの。
時に出社したり、プレゼン先に出向いたり、外出先で合間に作業したりといったことが多いものです。
どこでも電源を利用できるわけではないので、常にPCの充電がされている状態にしておくことが大事だと思います。


外出しっぱなしで夕方に気づいたらバッテリーがゼロに!なんていう仕事効率の観点では最悪の状況を防ぐために、PCの充電にも耐えらえる大容量のモバイルバッテリーは必携です。

リモートワークは、その人がどんなガジェットに投資するかによって個人の仕事効率が変わるという、これまでとはまったく違うお買い物の扉を開けたのかもしれません。

一人でふらりとキャンプに出かけるのに抵抗が少ない人が本当に増えました。

ソロキャンではとことんモノ、機能にこだわる人が多いですね。

こんな感じでたくさんの人がアウトドアを楽しむようになり、目的も多様になったのもあって、キャンプならではの遊び系たとえばSUPとかトレイルランとかアクティビティに集中するためにキャンプにかける手間や時間をとことん減らす時短・ミニマリストな人とキャンプをすること自体にじっくり手間をかける・面倒を楽しむ人と二極化しているのも面白い傾向なんです。

「使い捨て段ボールグリル」がある一方で、ライターや着火剤すら使わず火おこしをするためだけの「火吹き棒」がある感じです。

道具もそれぞれに特化していっている感じです。

ポートレート撮影:寺澤太郎

「仕事効率化ガジェット」のコレ、トレンドを押さえた
MakuakeSTORE編集部による推し商品はこちら!

モニターの数を増やす
この価格でこの画質と大画面!超小型E08プロジェクターで自宅に映画館を!

この価格でこの画質と大画面!超小型E08プロジェクターで自宅に映画館を!

ストレスフリーなリモートワークは耳から
5億件のデータ学習したAI搭載!ノイズキャンセリングイヤホン「エル・コッコロ」

5億件のデータ学習したAI搭載!ノイズキャンセリングイヤホン「エル・コッコロ」

仕事時間を削らず運動
届いて即使える!コンパクトに収納できる四角いフィットネスバイク「BIKEBOX」

届いて即使える!コンパクトに収納できる四角いフィットネスバイク「BIKEBOX」

お仕事ライフランの電源を確保
HYPERから世界初!合計最大245W 大容量モバイルバッテリー&電源アダプタ

HYPERから世界初!合計最大245W 大容量モバイルバッテリー&電源アダプタ

この記事をシェア